「パンデミック!? 不動産の売り上げ不安対策してますか?」

03.11

「売り上げに不安」な不動産会社様
どのような対策をとっていますか?
学生は休校、コロナウィルス、買い占め
家探しどころじゃないですよね
ご案内率は下がってしまったんではないでしょうか?

本音ではお客様も家を見たいんですけどね、、、
不動産会社様は今このタイミングで何をやったのかで売り上げが大きく変わりますよね
「キロワット」の在宅見学がとっても評判がいいのには理由があります
お客様の気になる物件を事前に動画で見られるので
お客様にとって時短効果があります
営業側では見込み物件を見定めることができます

しかも
ディズニーランドも休園している今のタイミングでは
物件動画が複数きたらどうでしょう
家族揃ってご覧になります

「外出もリスクと感じる」
いい物件があっても家族、特に子供に危ない目に合わせたくないのが親心です
そんなタイミングで「見学しませんか?」はお客様の消費行動と真逆ですよね
嫌われてしまう営業マンの典型です
本音の部分では「見学したいのはやまやまなんだけど、、、外出にはリスクがあるタイミング」
このニーズを汲み取って、課題、解決してあげる事がいい営業マンです
キロワットの場合は動画で「在宅見学」がサービスとして閉じこもっているお客様にそ
「見学したい」ニーズを叶えるツールだと思います

キロワットを使っていない営業マンの案内だしコメント
「いい物件が出ました、価格が下がりました、チャンスなので見るだけ見ましょうよ」
一方
「外出はしないで下さい、代わりに気になる物件をまとめて動画にしましたのでご自宅で見てください」

どうでしょうか
求めている効果は同じ「案内を取りたい」ですね
一方的な営業マンに対し課題を克服してくれて気になっている部分も気遣いしてくれる
どっちが好まれますでしょうか
さらにキロワットパートナー様であればこういう事が言えるようになります
「不動産系YouTuber」と‼︎
「気になっている物件をレビューするからどんどん言ってね‼︎」
とってもキャッチーだし
めちゃくちゃ新しい
そしてお客様のニーズを最も叶えているツールなのです

「在宅見学で叶うお客様ニーズ」
・事前見学ができるので「家探しの時短」になります
・何回も見られる、どこでも見られる、見学後にも振り返りができるので「確実性があがる」

「在宅見学で叶う営業マンのメリット」
・動画を見た中で選ばれた精鋭でのご案内なので本気度が違う(成約率と時短効果有り)
・お客様が受け取る印象として「あなたの為に感がある」ので営業マンのファンになります
・動画に関する手間はキロワットで行いますので動画が出来上がったらお客様にご紹介するだけ(手間いらず)

コロナウィルス等で消費行動が落ち込んでいるからこそ今のうちに手を打っていきましょう
ファンが多ければ多いほど契約率に直結してきます
「この物件スーモで見たんですけど、動画にできますか?」
そう言ってくれるお客様が非常に多いんですよ

ファンが増えると営業マンのテンションもMAX
なぜそう言えるのか
私も体験者なのです‼︎
是非、ご体験下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る